株・FX・先物などの投資を通じて世界の金融を学ぶためのブログ★

■世界エリア別経済トピック■
アメリカ/ヨーロッパ/BRICs/中東・アフリカ/オセアニア/VISTA/日本

■今月の注目ワード■
アメリカ景気後退
■ロイターのしょ~もないニュース■
1/26 カタツムリより遅いってどうゆ~ことよ!?
1/12 ある日、売春宿へ行った男性、だがそこで働いていたのは・・・!?
1/12 酔っ払いが線路の上で(-.-)Zzz・・・、そこへ貨物列車が・・・!?
記事一覧

Google


 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1月7日 日本経済新聞より抜粋

商品連動型投資、残高、1年で3兆円増加
米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)の推計によると 国際商品
市場の値動きを反映する指数に連動するように組成した投資商品の残高が2007年
末時点で1300億ドル(約14兆1千億円)になった。1年間でほぼ300億ドル(約3兆3千
億円)膨らんだ。

年金など長期投資家が運用の目安として活用しており、短期資金に偏っていた国
際商品市場に流れ込むマネーのすそ野が広がっていることが鮮明になった。欧州
の証券取引所には各種の商品指数に連動した投資証券が相次いで上場しており、
これまで商品市場に縁遠かった個人マネーが商品市場に流れ込む窓口になってい
る。
【C】

にほんブログ村に戻る

【FX情報】
為替ブログランキングでFXの最新情報をCheck!
FX専門のSNSサイト

【株式情報】
株ブログランキングで最新情報をCheck!

【海外投資情報-トルコ編-】
・トルコの投資信託
損保ジャパン-フォルティス・トルコ株式 『愛称 : メルハバ』/損保ジャパン・アセットマネジメント
オーロラII) トルコ投資F/野村アセットマネジメント
スポンサーサイト
2008年1月8日 ロイターより抜粋

株式こうみる:変化できずに海外勢が見切り売り=三菱UFJ証券 折見氏<三菱UFJ証券・投資情報部シニア投資ストラテジスト、折見世記氏>

日本株のパフォーマンスの悪さの背景は、まずサブプライム問題によるクレジット市場の混乱で投資家のリスク許容度が落ちていることだ。東京市場は外国人投資家の比率が高いため、クレジット市場の混乱に一番センシティブな市場だ。第2に、変化が必要なのに変化しきれない日本への失望から海外勢が日本株を見切る動きが出ている。小泉政権で始まった改革の動きがこのところ停滞し始めるなどの点が目につくようになってきた。

 株価の下落は恐怖感、危機感を経て何とかしなければという意識につながるが、今のところ、政府・日銀ともまだ危機意識は乏しいようだ。

 今月末に向けて、米国では政府・中銀のポリシーミックスに向けた動きが出てきた。政府サイドでは住宅ローン関連などで恒久減税が必要とみており、財政措置に踏み切れるかどうかがポイントになる。これに米連邦公開市場委員会(FOMC)での0.5%利下げと潤沢な資金供給が加われば効果的だ。資金供給には米国だけでなく、日米欧の連携が必要だろう。
【C】

私は、第2の理由が非常に重要だと考えています。
海外投資家は、短期的な景気・為替の上下よりも日本経済の将来性を見て
日本への投資額を減らしている(その資金が新興市場国に流れているのでは?)
ような気がします。
日本の証券制度の遅れ、経済(政治)改革の停滞・・・はかなり深刻な状態だとみています。

以前書いた2008年の景気予想に関する記事で小泉首相復帰を予想するエコノミストが何名かいたのも、彼の復帰を望む声が業界に多いことを反映したものだといえるでしょう。

にほんブログ村に戻る

【FX情報】
為替ブログランキングでFXの最新情報をCheck!
FX専門のSNSサイト

【株式情報】
株ブログランキングで最新情報をCheck!

【海外投資情報-トルコ編-】
・トルコの投資信託
損保ジャパン-フォルティス・トルコ株式 『愛称 : メルハバ』/損保ジャパン・アセットマネジメント
オーロラII) トルコ投資F/野村アセットマネジメント
1月7日 ロイター通信より抜粋

米アナリスト、米企業決算について悲観的見方強める=調査

 ロイター・エスティメーツが7日明らかにした週間調査によると、米ウォールストリートのアナリストは、2007年第4・四半期の米企業決算について悲観的な見方を強めており、08年第1、第2・四半期についても増収率予想を下方修正した。

 調査によると、アナリストはS&P総合500種構成企業の07年第4・四半期の利益について、前年比8.4%減少と予想。前週調査の6.1%減少、昨年10月1日調査の11.5%増加から見通しが悪化した。

 08年第1、第2・四半期の利益については、それぞれ4.7%と4.6%の増加にとどまると予想。前週の調査ではそれぞれ5.1%増と5.0%増、10月1日の調査では11.4%増と9.4%増の予想となっていた。

 業種別では金融セクターの業績悪化がもっとも著しいとみられており、第4・四半期は62%減益と予想されている。一方、ハイテクセクターは最も堅調とみられており、23%の増益が予想されている。
【C】

まだまだサブプライム問題の影響が尾を引いているようですね。
実体経済にも影響が出、当初サブプライムに関して楽観的だったアナリストも徐々に
ネガティブな発言をするようになってきました。
2008年は、上半期はひたすら耐えるといった感じでしょうか。

にほんブログ村に戻る

【FX情報】
為替ブログランキングでFXの最新情報をCheck!
FX専門のSNSサイト

【株式情報】
株ブログランキングで最新情報をCheck!

【海外投資情報-トルコ編-】
・トルコの投資信託
損保ジャパン-フォルティス・トルコ株式 『愛称 : メルハバ』/損保ジャパン・アセットマネジメント
オーロラII) トルコ投資F/野村アセットマネジメント
1月7日 ロイターより抜粋

最近の人民元上昇、経済指標の実態を反映=中国人民銀行総裁

 中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁は、最近の人民元の上昇について、経済指標の実態を反映しているとの見方を示した。

 総裁は、国際決済銀行(BIS)の中央銀行総裁会議出席のため当地を訪れている。

 同総裁は、貿易黒字が若干ではあるが減少しているが、2007年通年でみれば依然として高水準であることを指摘した。

 また「消費者物価指数(CPI)も高水準にある。原油価格が現在高いため、注意深く見守っている」と述べた。

 さらに「国内の需給関係でみると、金融機関などの中国企業が、ここ数カ月外貨を売却しており、そのペースが加速している。これらの要因すべてが為替レートに影響を及ぼしている」と語った。
【C】

にほんブログ村に戻る

【FX情報】
為替ブログランキングでFXの最新情報をCheck!
FX専門のSNSサイト

【株式情報】
株ブログランキングで最新情報をCheck!

【海外投資情報-トルコ編-】
・トルコの投資信託
損保ジャパン-フォルティス・トルコ株式 『愛称 : メルハバ』/損保ジャパン・アセットマネジメント
オーロラII) トルコ投資F/野村アセットマネジメント
1月6日 日本経済新聞より抜粋

日本車海外生産 BRICsが北米を逆転
日本の自動車メーカーによるBRICsでの生産台数が2011年にも年500万台を超え、北米生産を逆転する見通しとなった。

トヨタ自動車が700億-800億円を投じてブラジルに第2工場を建設、日産自動車はインドで年30万-40万台の生産を計画するなど新工場の稼動が相次ぐ。

各社は増産と並行して部品調達や開発機能の移管を加速。BRICsはコスト競争力の高さを生かした世界市場向け輸出拠点の役割も担い、北米生産との差はさらに広がりそうだ。

自動車大手のBRICsでの増産計画■中国(2006年100万台⇒11年にも260万台へ)
トヨタ  広州第2工場を建設
マツダ 07年稼動の新工場の生産を30万台へ

■インド(06年75万台⇒190万台へ)
トヨタ  低価格車生産の新工場設立
ホンダ 第2工場を建設
日産  ルノーなどと組んで小型車工場。超低価格車、小型商用車も生産へ。
スズキ 60万台から100万台へ生産・販売拡大

■ロシア(06年0⇒50万台)
トヨタ、日産、スズキ、三菱自 それぞれ新工場を設立

■ブラジル(06年17万台⇒40万台)
トヨタ  年産能力10万円の第2工場を建設
日産  生産能力を1万台から4万台へ拡大
ホンダ 10万台から12万台へ拡大
【C】

にほんブログ村に戻る

【FX情報】
為替ブログランキングでFXの最新情報をCheck!
FX専門のSNSサイト

【株式情報】
株ブログランキングで最新情報をCheck!

【海外投資情報-トルコ編-】
・トルコの投資信託
損保ジャパン-フォルティス・トルコ株式 『愛称 : メルハバ』/損保ジャパン・アセットマネジメント
オーロラII) トルコ投資F/野村アセットマネジメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。